介護保険制度って?

指定介護老人福祉施設&指定介護療養型医療施設

指定介護老人福祉施設

指定介護老人福祉施設とは、特別養護老人ホームのことで、開設者は指定介護老人福祉施設として介護保険の指定を受けます。要介護者に対して施設サービス計画に基づいて食事、入浴等の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理などを行います。待機者が多く、『重度要介護で家族がいない』『虐待を受けている』等の緊急的にサポートが必要な要介護高齢者から優先的に入所が行われています。

指定介護療養型医療施設

療養病床、または老人性認知症疾患療養病棟をもつ病院・診療所、介護力強化病院のうち、介護保険施設として指定を受けた施設のことで、要介護高齢者に対して施設サービス計画に基づき療養上の介護を行います。医療保険対象の療養病床との違いが不明確であることから、2011年度末で廃止されます。

施設名 療養型病床群
(完全型)
老人性認知症
療養病棟
介護力強化病院
(2003年までの対象)
利用者 長期にわたり療養を必要とする患者 精神症状および行動異常がとくに著しい慢性期認知症高齢者 主として老人慢性疾患患者
施設基準 4床室以下
居室(6.4u/人以上)、診察室、手術室、処置室、臨床検査室、機能訓練室、談話室、食堂、浴室等
廊下幅基準
  • 片廊下1.8m以上
  • 中廊下2.7m以上
4床室以下
居室
(おおむね6.0u/人以上)、 療養棟床面接
(18u/人以上)
1看護単位おおむね60床まで
生活機能回復訓練室(60u以上)
4床室以下
居室
(4.3u/人以上)、診察室、手術室、処置室
  • 臨床検査室
  • 廊下幅基準
片廊下1.2m以上 ・ 中廊下1.6m以上
職員の配置基準
*施設規模100人
の最小人員
医師 3人
看護師 17人
介護職員 17人
その他 ・ 薬剤師、診療放射線技師ほか
医師 3人
看護師 17人
介護職員 13人
OT 1人
精神科ソーシャルワーカーまたは
臨床心理技術者 1人
医師 3人
看護師 17人
介護職員 17人
その他 ・ 薬剤師、診療放射線技師ほか

(出典:介護福祉学習辞典)

  環境 基準 T
(完全型)
 U V W
1 病床数(1室につき) 4床以下 × ×
2

病室の床面積

(1人につき)
6.4m2以上*1    
6.0m2以上(芯)    
3 廊下幅*2 1.8m以上 × × ×
4 機能訓練室 40m2以上(器機、器具を完備)    
規定なし    
5 食堂(1人当たり) 1m2以上*1 ×
6 談話室 食堂と兼用可 ×
7 浴室 身体の不自由な方に適用 ×
8 医師、看護師、准看護師、看護補助者が、医療法に定める人員に達してしる ×

*1面積については定めがないかぎり内寸とする

*2両側に居室(出入り口)がある廊下幅は2.7m以上

(出典:介護福祉学習辞典)

区分 介護力強化病院 老人性認知症
療養病棟
老人性認知症
療養病棟
対象者 体位変換または床上起座が不可能または不能、食事および用便につき介助を要する老人 精神症状および行動異常がとくに著しい認知症老人(急性期) 精神症状および行動異常がとくに著しい認知症老人(慢性期)
必置施設 (ベッド、廊下、浴室、便所など適切な配置がのぞましい) 生活機能回復訓練室[4u以上/人]かつ[60u以上]専用の回廊式廊下または両端にデイルームなどの共有空間をもつ行動しやすい廊下 生活機能回復訓練室[4u以上/人1]かつ[60u以上]
患者1人当たり
病室病棟面積
4.3m2 6.0m2
病棟床面積23m2
1看護単位当たりおおむね40〜60床を上限
6.0m2
病棟床面積23m2
1看護単位当たりおおむね40〜60床を上限
100床当たり
人員
医 師  3人
看護師 17人 介護職員 17〜34人
医師 3人
看護師 17人
介護職員 20人
OT 1人
ソーシャルワーカー
または
臨床心理技術者 1人
医師 3人
看護師 17人
介護職員 13人
OT 1人
ソーシャルワーカー
または
臨床心理技術者 1人

(厚生白書, 1995より)

(出典:介護福祉学習辞典)

▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから