職場

防犯カメラシステム

麻酔などのカルテだけでなく、個人情報の入ったパソコンを盗まれる被害が多発しています。
被害に遭うと病院にとって信用失墜などダメージは多大です。
  1. 病院には麻酔に使用する薬剤を保管していますので、保管場所に防犯カメラを設置する。
  2. .事務室には患者のカルテなどの個人情報が保管されているため、防犯カメラを設置する。
  3. 診療時間内の患者状況を確認できると共に、夜間の監視を行う為に待合室にも防犯カメラを設置する。
  4. 玄関や職員通用口・廊下などの人の動きを監視するための防犯カメラを設置する。
  5. 歯科医院などには高価な義歯などの保管や加工機器などの設備があるため、技巧室にも監視カメラを設置する。
  6. 歯科医院には基本的に救急患者がいないため、駐車場などでのいたずら監視のために防犯カメラを設置する。
  7. 自宅と病院が離れている場合でも、インターネット網を活用して病院の状況を確認できるシステムを導入できる。

防犯カメラの設置例

防犯カメラ設置例

▲ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

つねに、ご老人のご様子を伺えない介護者の方や、福祉介護施設管理者の方などお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル0120-84-8424

メールフォームからのお問い合わせはコチラから